【展覧会】第58回東日本伝統工芸展/日本橋三越本店

 日本工芸会所属の東日本支部地区在住作家による公募展、「第58回東日本伝統工芸展」が425日から30日まで日本橋三越本店新館7階で開かれます。毎年秋に開かれる日本伝統工芸展に対する春の展覧会として、東京・長野以北北海道まで含む支部で運営されています。この構成は過去、私のたちが立ち上げた発足時に東京以外の作家が少なかった事情に依ります。工芸会各支部ごとに支部展はありますが中でも一番大規模な支部展で、若手作家の登竜門ともなっています。私も父を亡くした直後のこの展覧会で受賞し励まされた思い出があります。

 今回私は白い楓と朱色の梨材のコントラストをもった長手の小箱を出品しています。

 

 「木工藝―須田賢司と五人の作家展」は別掲のご挨拶にあるように、今年1月から始めた若手作家との研究会の成果です。こういった研究会の必要を痛感し、工房を広げたのです。まだまだ始まったばかりではありますが、参加者は皆さん頑張って作品を作りました。木工藝を身近にしていただくきっかけになれば幸いです。ぜひお出かけいただき、若い作家を励ましていただきたいと思います。

 

---

 「第58回東日本伝統工芸展」

 会 期:4月25日(水) ~ 30日(月・振休)

10:30~19:30 ※最終日は18:00まで

 会 場:日本橋三越本店 新館7階催物会場

0 コメント

【展覧会】「木工藝ー須田賢司と五人の作家展」/日本橋三越本店

「木工藝ー須田賢司と五人の作家展」

 木工藝は木を素材とした工藝として本来身近なもののはずですが、現在あまり接する機会がないように思えます。画廊では毎週いろいろな個展などが開かれていますが木工藝の展覧会はほとんどありません。工藝愛好家の皆様の目に触れる機会がないのです。それは日本伝統工芸展に出品を重ね、精進している若手木工藝作家にとっても残念なことです。

 私が重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝に認定されてから4年になろうとしていますが、このような現状を見るにつけ何とかしなければならないと思っていました。そこで昨年自宅工房を広げ研修の場を確保するとともに、「木工藝ギャラリー-清雅」を併設し多くの方に木工藝作品をご覧いただくことと致しました。

さらに本年1月からこの5人が工房に集まり研究会を始めました。私たちは木工藝作家としてお互いの研鑽を目的に集まった仲間です。その研究の成果を発表し多くの方に木工藝の魅力を知っていただきたく、この展覧会を企画しました。

 もちろん現代の工藝は表現活動の一つには違いないのですが、あえてここでは生活の中で実際にお使いいただき、人生を豊かにする工藝作品を中心に展覧いたします。ご高覧、ご愛用頂けますようお願い申し上げます。

須田 賢司            

(重要無形文化財「木工芸」保持者)

 

五十嵐 誠            

桑山 弥宏            

玉井 智昭            

林  哲也            

深沢慎太郎            

続きを読む 0 コメント

【展覧会】「名工の明治」展/東京国立近代美術館工芸館

現在、竹橋の東京国立近代美術館工芸館では「名工の明治」という展覧会を開催中です。この展示作品中に、同館収蔵の父や私の作品もあると聞き行ってきました。

「名工の明治」展/東京国立近代美術館工芸館

「名工の明治」との企画ですから、第1室は「明治の技の最高峰―帝室技芸員」と題して始まります。金工の加納夏雄や私の外祖父・山口春哉の師のまた師である池田泰眞の作品など、綺羅星の如く輝くまさに明治の名工の作品を見ることができます。今回は工芸館の展覧会では珍しく、ところどころ作品に解説文が添えられており、1番から20番まで番号が付されていますが、その1番目は夏雄の手板3種を硯屏のようにまとめた作品でした。彫金の技もさることながら、収めた黒柿の枠が良いものでした。鶉杢の黒柿は端然と仕上げられ、ダレたところのない指物の特徴を余すところなく表していました。木工家はこんなところに目が行きます。泰眞の屏風は初めて見ました。屏風の枠は島桑が使われやはり時代を感じます。この時代はやはり桑といえば島桑だったのです。

第2室はこの展覧会の眼玉である「鈴木長吉と十二の鷹」です。これまで何度か目にしていますが、今回本格的な修復が済み、長く失われていた「鉾垂れ」が復元されて初めてのお披露目です。言うまでもない傑作ですが、改めてその迫力に圧倒され思わず立ち止まってしまいます。

その後第3室では、その後のいうなれば伝統工芸の第一世代:松田権六や板谷波山の作品が展開されます。このあたりからはよく知る名前に気が付きます。

そして第4室。「技を護る・技を受け継ぐ」として今日の展開が紹介されています。私は展覧会のタイトルだけを見て「明治の名工」だけの展覧会かと思っていたのですが、それから始まる工芸の展開が紹介されるものでした。第4室は知った名前や現在も活躍中でお付き合いのある作家の作品も多く、明治から続く、いやもっと以前から続く工芸の最先端を見ることができます。この場合の工芸はあくまで正統的工芸のことです。

続きを読む 2 コメント

【展覧会】工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-/銀座・和光

 本日4月6日()からいよいよ銀座和光での「人間国宝展」が始まります。今回で3回目となりすっかり銀座の春の定番として定着したようです。お客様のご来場も多く、会期も4月22日()までと当初に比べ長くなりました。 

 


続きを読む 0 コメント

【雑誌掲載】Pen2月1日号/CCCメディアハウス

 雑誌『Pen』2月1日号No.444上で、小山薫堂氏からインタビューを受けています。短い記事ながら、私が常に考えているテーマについて的確な質問を受けました。ちなみに珍しいモノクロ写真は氏の撮影によるものです。歳相応の写りですね、ご一読ください。


 経歴の箇所で父の桑翠と外祖父である山口春哉についても触れて頂いています、詳しくは こちら をご覧ください。

0 コメント

【展覧会】「暮らしの中の伝統工芸」展/MOA美術館

熱海のMOA美術館で、1月23日まで「暮らしの中の伝統工芸」展が開かれています。

日本工芸会の各分野の作家が、日々の生活に根差した作品を展開します。その舞台として私の大きなテーブル「八橋」が陳列されます。MOA美術館という大きな空間でこのテーブルがどのように存在感を示せるか楽しみです。ぜひご高覧ください。

 

2017.12.16|| - 2018.01.23|| 

リニューアルオープン記念特別企画

「暮らしの中の伝統工芸」

http://www.moaart.or.jp/events/kurashi20171216/

 

ウォールナット大テーブル「八橋」 

Black Walnut Table "Yatsuhashi (Zigzag Bridge)"

 

続きを読む 0 コメント

【新聞掲載】2017年10月14日上毛新聞/English follows

 

 

 

 ロンドンの大英博物館には、私の「楓拭漆嵌装小箪笥『碑林玄英』」という作品を収蔵していただいています。このたび、その作品をより一層理解していただくためのビデオを作ってくださることになり、館のPatricia Wheatleyパトリシア・ウィートリー放映課長をディレクターとする撮影クルーが、工房と私の住む町を2日間にわたって丁寧に撮影してくださいました。

 


 

 その取材の様子が今日の地元紙に掲載されました。ビデオは大英博物館で放映されます。公開日はまだ未定ですが美しい映像になりそうで楽しみです。

 

The British Museum have stocked my work named "Stela Forest in Winter"- Small chest with drawers made of maple wood finished in urushi lacquer, with metal lock. In this time, Ms.Patricia Wheatley of BM and her team crews have come to my hometown Kanra-town in Gunma-prefecture in Japan, in order to film me demonstrating the materials, tools, skills and techniques that I used in making the maple box for the British Museum. This video will be shown in the British Museum.

0 コメント

[木工藝 須田賢司 RSS-Code] https://mokkougei.jimdo.com/rss/blog