The 19th Exhibition of Traditional Wood and Bamboo Works

Regarding this Exhibition of Traditional Wood and Bamboo Works

 

This exhibition presents works of kōgei (traditional crafts) that employ wood or bamboo as their main material.

 

Since ancient times, Japanese people have always considered the beauty of nature surrounding them as something to be admired, loved, and enjoyed. In addition, there are also works of kōgei that have been created by artists who aim to create beauty in everyday items. Tableware, vases, boxes for writing utensils, household furnishings and other items are all imbued with an elegance far surpassing mere utility, they possess a long tradition and are referred to collectively as ‘kōgei.’

 

The concept of ‘art’ varies somewhat between Japan and the West. In the West, the phrase ‘fine art’ is limited to painting, sculpture and other fields unrelated to everyday life that are produced purely for aesthetic and intellectual appeal. Traditionally in Japan, however, artists did not differentiate between ornamental items and those created for practical use, the latter often being works of art in their own right. Therefore, although the word ‘kōgei’ is often translated as ‘craft,’ this does not adequately express the true value of these works.

 

Japanese kōgei are generally categorized according to the materials they employ: ‘ceramics,’ ‘textiles,’ ‘urushi work (lacquerware),’ ‘metalwork,’ ‘woodwork and bamboo work,’ dolls,’ and ‘various works.’ The majority of artists focus on a single category as mastering even one requires a great deal of experience and research, taking many years to master all the necessary techniques.

 

The Japan Kōgei Association, which sponsors this exhibition, is the largest association of artists working in the kōgei field and it divides the work into the seven categories listed above.

 

This exhibition presents works from the ‘woodwork and bamboo work’ section. Wood and bamboo are both materials with deep roots in the Japanese environment. Stretching 3,800 kilometers from north to south and with a wide range of elevations, Japan enjoys a temperate climate with ample rainfall, giving rise to a diverse variety of vegetation, including beautiful timber and bamboo. Since earliest times, works of kōgei have been produced to highlight this beauty and these have always remained highly prized. Today, we continue to strive to carry on and refine the aesthetic values and superior techniques these represent and this exhibition aims to introduce the results of our efforts to the public.

 

The Takenaka Carpentry Tools Museum, which acts as both co-sponsor and venue for this exhibition, is the only existing museum specializing in Japanese woodworking tools that are highly acclaimed around the world. The works in this exhibition are mostly made by hand using traditional methods and the tools employed can be seen on display in the museum. One of the key features of this exhibition is that visitors are able see both the tools and works that have been made with them.

 

Most of these works of kōgei are small enough to be appreciated in the palm of one's hand and we hope you will be able to imagine a lifestyle in which works like those on display can be enjoyed in your daily life.

SUDA Kenji

Chairman,

Wood and Bamboo Works Section

Japan Kōgei Association

続きを読む 0 コメント

第19回伝統工芸木竹展(於神戸・竹中大工道具館)

 隔年で開催している「伝統工芸木竹展」の第19回展が始まりました。今年は5月13日から6月18日まで竹中大工道具館会場にて、その後は東京に場所を移して日本橋三越本店で6月21日から26日まで開かれます。

続きを読む 0 コメント

新年のご挨拶

 

 

 

皆様明けましておめでとうございます。

 

旧年中は日本橋三越で開催した木工藝学林・清雅舎展や、秋に文化庁補助事業として行われた「重要無形文化財『木工芸』伝承者養成研修会」などを通じて木工藝の継承に力を入れた一年でした。

 

今後もその任に当たることはもちろん、残されたあまり多くはない時間を自身の仕事にも集中し、一点でも多くの作品を仕上げていきたいと念願しています。

 

今年は多くの公募展も開催されますので、多くの皆様ご鑑賞頂けますことを祈念しております。

 

現時点での主要な上半期の予定は以下の通りです。

伝統工芸木竹展には是非多くの木竹工作家の皆様にご出品頂きたく思っております。


2023年の展覧会予定

 

4月6日~23日    人間国宝展 於銀座和光

5月13日~6月18日 伝統工芸木竹展 於神戸竹中大工道具館

5月17日~22日   東日本伝統工芸展 於日本橋三越

6月21日~26日   伝統工芸木竹展 於日本橋三越


0 コメント

掲載情報)雑誌『Pen』No.532

私が工房を置く群馬県はいわゆる自動車王国で、私も日々足替わりとして車を使います。
今回、月刊Pen9月号で英国の最上級SUV、レンジローバーと共演をしました。撮影は私の工房ならびに甘楽町で行いました。

何年か前、同誌の連載で小山薫堂氏が人間国宝のもとを訪ねる企画があり、私も取り上げていただいたのですが、今回、当時の編集者がある言葉から私の仕事を思い出してくださったとのこと。

 

その言葉は「神は細部に宿る」。

 

スチールを取り入れた椅子でも有名なドイツの建築家 ミース・ファン・デル・ローエの遺した言葉で、レンジローバーと私の仕事に共通点を見つけての取材でした。


続きを読む 0 コメント

木工藝学林 清雅舎展―須田賢司と5人の木工家―


木工藝学林 清雅舎展 ―須田賢司と5人の木工家―

 

ごあいさつ

 日本ははっきりした四季と湿潤な気候が相まって、世界的にも稀な豊かな植生を誇る。その良質な樹木を材料とした木工の歴史は長い。そもそも人間が生活用具を獲得した最初は木の枝の加工=木工だっただろう。それから現代まで人々は技術の錬磨、道具の進歩に努め、洗練された「木工藝」の世界を生み出してきた。その長きにわたる木工の歴史の末端に座す私にとって、あとに続く木工家を育てることは重要な課題だ。7年前に重要無形文化財「木工芸」保持者に認定されてからは一層その思いを強くした。 

 現在木工に関する高等教育機関は少なく、また内弟子を育てる時代でもない。そこで自宅工房を拡張整備し、近県より日本工芸会の中堅作家5人に呼び掛け2018年正月に研究会を始めた。回を重ね、日本伝統工芸展での受賞や作家としての自覚の深化など成果も徐々に表れている。

 研究会は技術の錬磨・研究のみにとどまらず、工芸家としての素養の陶冶を目指す場として「木工藝学林 清雅舎」と名づけた。もとより学林は共に学ぶことが基本だが、清雅は私の制作上のモットーであり、私自身が長年にわたって築き上げてきた世界を次世代に伝承する場でもある。

 このたび清雅舎展を開催するにあたり、ご高覧いただきご支援をお願いするとともにご講評を仰ぎたい。

 

  重要無形文化財「木工芸」保持者 須田賢司

 

---

 木工藝学林 清雅舎 展 ―須田賢司と5人の木工家―

  会 期:2022年6月15日(水) ~ 2022年6月20日(月) 最終日午後5時終了

  会 場:日本橋三越本店本館6階美術特選画廊

  リンク:木工藝学林 清雅舎 展 ―須田賢司と5人の木工家― | アートギャラリー | 日本橋三越本店 | 三越伊勢丹店舗情報 (mistore.jp) 


0 コメント

旭川美術館だより『氷華』No.64

 このたび北海道立旭川美術館の「旭川美術館だより『氷華』No.64」に私のインタビュー記事が掲載されました。

 学芸課長の佐藤由美加氏が私の工房に来てくださり、長時間のインタビューを通して、作品のこと、仕事のこと、諸々まとめていただきました。

 記事はこちらのリンクからご覧頂けます▶hyoka_64.pdf (hokkaido.lg.jp)

 


続きを読む 0 コメント

ヴェネツィア・HOMO FABER展

 イタリアはヴェネツィアにてミケランジェロ財団主催のHOMO FABER展が開催中です

 「創作をする人間」に着目した展覧会を続けてきたHOMO FABER展が、今回は日本古来の伝統工芸にフォーカスし12人の人間国宝を紹介します。私も選んでいただき、2点を出品しています。

 

 展覧会のキュレーションはMOA美術館の内田篤呉先生、会場設計は深澤直人氏、工房での制作中の写真撮影は川内倫子氏というそう錚々たる方々です。同地はまだ訪ねたことがないので、是非オープニングに出席したかったのですが、コロナもあって諦めるに至りました。これからイタリアに行く方は是非ご覧頂ければと思います。出品作品のご所蔵者にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。

 本展覧会に関連してはアメックス会員誌「DEPARTURES」で記事を掲載いただきました。


続きを読む 0 コメント

The 19th Exhibition of Traditional Wood and Bamboo Works

Regarding this Exhibition of Traditional Wood and Bamboo Works

 

This exhibition presents works of kōgei (traditional crafts) that employ wood or bamboo as their main material.

 

Since ancient times, Japanese people have always considered the beauty of nature surrounding them as something to be admired, loved, and enjoyed. In addition, there are also works of kōgei that have been created by artists who aim to create beauty in everyday items. Tableware, vases, boxes for writing utensils, household furnishings and other items are all imbued with an elegance far surpassing mere utility, they possess a long tradition and are referred to collectively as ‘kōgei.’

 

The concept of ‘art’ varies somewhat between Japan and the West. In the West, the phrase ‘fine art’ is limited to painting, sculpture and other fields unrelated to everyday life that are produced purely for aesthetic and intellectual appeal. Traditionally in Japan, however, artists did not differentiate between ornamental items and those created for practical use, the latter often being works of art in their own right. Therefore, although the word ‘kōgei’ is often translated as ‘craft,’ this does not adequately express the true value of these works.

 

Japanese kōgei are generally categorized according to the materials they employ: ‘ceramics,’ ‘textiles,’ ‘urushi work (lacquerware),’ ‘metalwork,’ ‘woodwork and bamboo work,’ dolls,’ and ‘various works.’ The majority of artists focus on a single category as mastering even one requires a great deal of experience and research, taking many years to master all the necessary techniques.

 

The Japan Kōgei Association, which sponsors this exhibition, is the largest association of artists working in the kōgei field and it divides the work into the seven categories listed above.

 

This exhibition presents works from the ‘woodwork and bamboo work’ section. Wood and bamboo are both materials with deep roots in the Japanese environment. Stretching 3,800 kilometers from north to south and with a wide range of elevations, Japan enjoys a temperate climate with ample rainfall, giving rise to a diverse variety of vegetation, including beautiful timber and bamboo. Since earliest times, works of kōgei have been produced to highlight this beauty and these have always remained highly prized. Today, we continue to strive to carry on and refine the aesthetic values and superior techniques these represent and this exhibition aims to introduce the results of our efforts to the public.

 

The Takenaka Carpentry Tools Museum, which acts as both co-sponsor and venue for this exhibition, is the only existing museum specializing in Japanese woodworking tools that are highly acclaimed around the world. The works in this exhibition are mostly made by hand using traditional methods and the tools employed can be seen on display in the museum. One of the key features of this exhibition is that visitors are able see both the tools and works that have been made with them.

 

Most of these works of kōgei are small enough to be appreciated in the palm of one's hand and we hope you will be able to imagine a lifestyle in which works like those on display can be enjoyed in your daily life.

SUDA Kenji

Chairman,

Wood and Bamboo Works Section

Japan Kōgei Association

続きを読む 0 コメント

第19回伝統工芸木竹展(於神戸・竹中大工道具館)

 隔年で開催している「伝統工芸木竹展」の第19回展が始まりました。今年は5月13日から6月18日まで竹中大工道具館会場にて、その後は東京に場所を移して日本橋三越本店で6月21日から26日まで開かれます。

続きを読む 0 コメント

新年のご挨拶

 

 

 

皆様明けましておめでとうございます。

 

旧年中は日本橋三越で開催した木工藝学林・清雅舎展や、秋に文化庁補助事業として行われた「重要無形文化財『木工芸』伝承者養成研修会」などを通じて木工藝の継承に力を入れた一年でした。

 

今後もその任に当たることはもちろん、残されたあまり多くはない時間を自身の仕事にも集中し、一点でも多くの作品を仕上げていきたいと念願しています。

 

今年は多くの公募展も開催されますので、多くの皆様ご鑑賞頂けますことを祈念しております。

 

現時点での主要な上半期の予定は以下の通りです。

伝統工芸木竹展には是非多くの木竹工作家の皆様にご出品頂きたく思っております。


2023年の展覧会予定

 

4月6日~23日    人間国宝展 於銀座和光

5月13日~6月18日 伝統工芸木竹展 於神戸竹中大工道具館

5月17日~22日   東日本伝統工芸展 於日本橋三越

6月21日~26日   伝統工芸木竹展 於日本橋三越


0 コメント

掲載情報)雑誌『Pen』No.532

私が工房を置く群馬県はいわゆる自動車王国で、私も日々足替わりとして車を使います。
今回、月刊Pen9月号で英国の最上級SUV、レンジローバーと共演をしました。撮影は私の工房ならびに甘楽町で行いました。

何年か前、同誌の連載で小山薫堂氏が人間国宝のもとを訪ねる企画があり、私も取り上げていただいたのですが、今回、当時の編集者がある言葉から私の仕事を思い出してくださったとのこと。

 

その言葉は「神は細部に宿る」。

 

スチールを取り入れた椅子でも有名なドイツの建築家 ミース・ファン・デル・ローエの遺した言葉で、レンジローバーと私の仕事に共通点を見つけての取材でした。


続きを読む 0 コメント

木工藝学林 清雅舎展―須田賢司と5人の木工家―


木工藝学林 清雅舎展 ―須田賢司と5人の木工家―

 

ごあいさつ

 日本ははっきりした四季と湿潤な気候が相まって、世界的にも稀な豊かな植生を誇る。その良質な樹木を材料とした木工の歴史は長い。そもそも人間が生活用具を獲得した最初は木の枝の加工=木工だっただろう。それから現代まで人々は技術の錬磨、道具の進歩に努め、洗練された「木工藝」の世界を生み出してきた。その長きにわたる木工の歴史の末端に座す私にとって、あとに続く木工家を育てることは重要な課題だ。7年前に重要無形文化財「木工芸」保持者に認定されてからは一層その思いを強くした。 

 現在木工に関する高等教育機関は少なく、また内弟子を育てる時代でもない。そこで自宅工房を拡張整備し、近県より日本工芸会の中堅作家5人に呼び掛け2018年正月に研究会を始めた。回を重ね、日本伝統工芸展での受賞や作家としての自覚の深化など成果も徐々に表れている。

 研究会は技術の錬磨・研究のみにとどまらず、工芸家としての素養の陶冶を目指す場として「木工藝学林 清雅舎」と名づけた。もとより学林は共に学ぶことが基本だが、清雅は私の制作上のモットーであり、私自身が長年にわたって築き上げてきた世界を次世代に伝承する場でもある。

 このたび清雅舎展を開催するにあたり、ご高覧いただきご支援をお願いするとともにご講評を仰ぎたい。

 

  重要無形文化財「木工芸」保持者 須田賢司

 

---

 木工藝学林 清雅舎 展 ―須田賢司と5人の木工家―

  会 期:2022年6月15日(水) ~ 2022年6月20日(月) 最終日午後5時終了

  会 場:日本橋三越本店本館6階美術特選画廊

  リンク:木工藝学林 清雅舎 展 ―須田賢司と5人の木工家― | アートギャラリー | 日本橋三越本店 | 三越伊勢丹店舗情報 (mistore.jp) 


0 コメント

旭川美術館だより『氷華』No.64

 このたび北海道立旭川美術館の「旭川美術館だより『氷華』No.64」に私のインタビュー記事が掲載されました。

 学芸課長の佐藤由美加氏が私の工房に来てくださり、長時間のインタビューを通して、作品のこと、仕事のこと、諸々まとめていただきました。

 記事はこちらのリンクからご覧頂けます▶hyoka_64.pdf (hokkaido.lg.jp)

 


続きを読む 0 コメント

ヴェネツィア・HOMO FABER展

 イタリアはヴェネツィアにてミケランジェロ財団主催のHOMO FABER展が開催中です

 「創作をする人間」に着目した展覧会を続けてきたHOMO FABER展が、今回は日本古来の伝統工芸にフォーカスし12人の人間国宝を紹介します。私も選んでいただき、2点を出品しています。

 

 展覧会のキュレーションはMOA美術館の内田篤呉先生、会場設計は深澤直人氏、工房での制作中の写真撮影は川内倫子氏というそう錚々たる方々です。同地はまだ訪ねたことがないので、是非オープニングに出席したかったのですが、コロナもあって諦めるに至りました。これからイタリアに行く方は是非ご覧頂ければと思います。出品作品のご所蔵者にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。

 本展覧会に関連してはアメックス会員誌「DEPARTURES」で記事を掲載いただきました。


続きを読む 0 コメント

[木工藝 須田賢司 RSS-Code] https://mokkougei.jimdo.com/rss/blog