【イベント】対談シリーズ~匠と語る日本の未来~/アークヒルズクラブ

 このたび「一般社団法人TAKUMIArt du Japon」の主催による『匠と語る日本の未来』と題する対談シリーズにお招きいただきました。この法人は元文化庁長官で外交官でもあった近藤誠一氏が代表理事を務めており、対談のホストもしていただきます。近藤先生のリードで今までの視点とは違う新しい切り口でお話が進むことを楽しみにしています。

 

 

対談『匠と語る日本の未来』

 日 時:926日(水)18時~

 場 所:アークヒルズクラブ(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルイーストウィング37階)

 ホスト:近藤誠一氏

 会 費:一般14,500円、会員12,500円(食事含む)

 申 込:かまくら春秋社内 TAKUMI事務局

      メール:takumi@kamashun.co.jp

      電 話:0467-24-7223

0 コメント

【イベント】利休桑文机の復元製作について

 

 

このたび、家具道具室内史学会会長の小泉先生の発案で、

利休桑文机の復元模造を製作することとなりましたので、その詳細をご案内致します。

714日(土)は実物を前に先生と対談を致します。

ご聴講をご希望の方は、後述の家具道具室内史学会連絡先からお申し込みください。 

 

--- 

木工藝、なかでも指物を仕事にする者にとって茶道具はゆかりの深いものである。

 実際に棚物など道具を作ることも多い。また木工藝の歴史を振り返ってみても桃山時代以降の侘び茶の展開・成熟が、その後指物でつくられる家具什器に与えた影響は計り知れない。村田珠光による竹台子の創案などは唐様の喫茶習慣から和様の茶道への転換を象徴し、和風指物の濫觴ともいえよう。またそれは本邦産の杉、桐、桑、松などの素木に価値を見出す日本木工史の一つのエポックを生み出した。

その時代に作られたと考えられる利休文机と呼ばれる桑製の文机について茶道具寸法録に記載がある。しかしどの寸法録にも記載があるわけではなく、現行入手可能な啓草社発行の「茶道具寸法録・正、続、続々」には記載がない。ただこの啓草社版の底本になったと思われるものや、たとえば竹内久一旧蔵になる江戸末期の指物師の手控えには記載がある。今回の小泉先生との対談のフライヤーなどに記載されている図はこれらのものと同類と思われ、おおよその寸法が一致する。

この利休文机を、日本の家具史・木工史の中で重要文化財クラスと高く評価する家具道具室内史学会会長の小泉先生の発案で復元模造を製作することとなった。

確かに日本は「木の国」「木の文化の国」と言われながら、純粋に木工品と呼べるものが高い評価を得ていないことは残念ながら事実である。今回の製作の試みは、この文机の美点と技法上の特徴を明らかにして、再評価し木工史の中、さらに日本の美術史、文化史の中にきちんと位置づけようとするものだろう。

しかし難しい問題がある。それはこの寸法録に見合う当時の作品が今に伝わっていないのだ。寸法録はあるが、本件に限らず寸法録を頼りにしようとしても、製作に必要な各部分の細かい寸法や内部の仕口の記載がないことが多く、製作は困難を極める。それはこれらの寸法録が作り手によって書かれたものではなく、ある時代に伝わってきている出来上がった茶道具から寸法のみを、それも作り手でない者が採取した結果と思われる。

そこで私は通常、茶道具の製作にあたっては多くを父が残した図面に拠っている。この図面は父が長い時間を費やし、昔のものを修理した時や実物に触れたときに、製作者の目で採寸・記録したものである。これがなければとても製作できない貴重なものである。簡単そうに見える炉縁にしても四隅は特殊な仕口で組み合わさり、内側の面取りも微妙な角度をしている。これらの寸法や仕口にどこまで合理的理由があるかは定かではない。だがしかし、そこが茶道具たる所以であり変えることはできない。

この文机もこの例外ではない。寸法録だけでは製作不可能である。実物にあたるしかないが前述のようにこの寸法録に該当する実物は寡聞にして知らない。そこで今回の製作にあたっては小泉先生著の別冊太陽「和家具」に掲載されている「利休文机」を参考にした。幸いこの机に関しては木工の専門家が採取・製図した詳細な図面があり、これに拠って製作することとした。

ただこの机の特徴として、複数の寸法録に記載された利休文机と比較して若干寸法が小さい。またさらに大きく異なるのは筆返しの高さである(筆返しに関しては寸法録記載の寸法に疑問がなくはない)。

このように図面で判別できることはそれに従ったが、例えば仕口の内部まで情報を得るにはおのずと限界があり、図面に現れない制作上の要点は一般的木工の原則と私の解釈に拠ることとした。いずれにしろ間口三尺、奥行き一尺二寸五分前後ありながら、甲板の厚さは六分(約18㎜)という薄さは共通である。いくら粘り強く細かい細工に向く桑とはいえ、その薄い甲板に直に脚のを指すこの机はよほど仕口の精度がよくなくてはもたない。さらに筆返しを兼ねる端嵌(はしばみ)の仕事は他に類型の無い興味深いものである。

この復元された実物を前に小泉先生と私が対談をさせていただくことになった。実はまだ製作途上であり、今後の困難な製作を考えるとこの企画を今の段階で告知することには若干躊躇するが、多くの方にこの机の存在を知っていただきその価値を共有していただきたくお知らせします。

 

---  

対談「至高の美―利休桑机を製作して」

 

日時:714日(土)13001530

会場:昭和のくらし博物館(東京都大田区南久が原2-26-19

    東急池上線久が原駅または多摩川線下丸子駅より徒歩8

お申込・お問合せ先先:

   家具道具室内史学会事務局

    電話:090-8517-4820(火~金90018:00

    メール:mail@jpshift2008.org

 

0 コメント

【展覧会】第58回東日本伝統工芸展/日本橋三越本店

 日本工芸会所属の東日本支部地区在住作家による公募展、「第58回東日本伝統工芸展」が425日から30日まで日本橋三越本店新館7階で開かれます。毎年秋に開かれる日本伝統工芸展に対する春の展覧会として、東京・長野以北北海道まで含む支部で運営されています。この構成は過去、私のたちが立ち上げた発足時に東京以外の作家が少なかった事情に依ります。工芸会各支部ごとに支部展はありますが中でも一番大規模な支部展で、若手作家の登竜門ともなっています。私も父を亡くした直後のこの展覧会で受賞し励まされた思い出があります。

 今回私は白い楓と朱色の梨材のコントラストをもった長手の小箱を出品しています。

 

 「木工藝―須田賢司と五人の作家展」は別掲のご挨拶にあるように、今年1月から始めた若手作家との研究会の成果です。こういった研究会の必要を痛感し、工房を広げたのです。まだまだ始まったばかりではありますが、参加者は皆さん頑張って作品を作りました。木工藝を身近にしていただくきっかけになれば幸いです。ぜひお出かけいただき、若い作家を励ましていただきたいと思います。

 

---

 「第58回東日本伝統工芸展」

 会 期:4月25日(水) ~ 30日(月・振休)

10:30~19:30 ※最終日は18:00まで

 会 場:日本橋三越本店 新館7階催物会場

0 コメント

【展覧会】「木工藝ー須田賢司と五人の作家展」/日本橋三越本店

「木工藝ー須田賢司と五人の作家展」

 木工藝は木を素材とした工藝として本来身近なもののはずですが、現在あまり接する機会がないように思えます。画廊では毎週いろいろな個展などが開かれていますが木工藝の展覧会はほとんどありません。工藝愛好家の皆様の目に触れる機会がないのです。それは日本伝統工芸展に出品を重ね、精進している若手木工藝作家にとっても残念なことです。

 私が重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝に認定されてから4年になろうとしていますが、このような現状を見るにつけ何とかしなければならないと思っていました。そこで昨年自宅工房を広げ研修の場を確保するとともに、「木工藝ギャラリー-清雅」を併設し多くの方に木工藝作品をご覧いただくことと致しました。

さらに本年1月からこの5人が工房に集まり研究会を始めました。私たちは木工藝作家としてお互いの研鑽を目的に集まった仲間です。その研究の成果を発表し多くの方に木工藝の魅力を知っていただきたく、この展覧会を企画しました。

 もちろん現代の工藝は表現活動の一つには違いないのですが、あえてここでは生活の中で実際にお使いいただき、人生を豊かにする工藝作品を中心に展覧いたします。ご高覧、ご愛用頂けますようお願い申し上げます。

須田 賢司            

(重要無形文化財「木工芸」保持者)

 

五十嵐 誠            

桑山 弥宏            

玉井 智昭            

林  哲也            

深沢慎太郎            

続きを読む 0 コメント

【展覧会】「名工の明治」展/東京国立近代美術館工芸館

現在、竹橋の東京国立近代美術館工芸館では「名工の明治」という展覧会を開催中です。この展示作品中に、同館収蔵の父や私の作品もあると聞き行ってきました。

「名工の明治」展/東京国立近代美術館工芸館

「名工の明治」との企画ですから、第1室は「明治の技の最高峰―帝室技芸員」と題して始まります。金工の加納夏雄や私の外祖父・山口春哉の師のまた師である池田泰眞の作品など、綺羅星の如く輝くまさに明治の名工の作品を見ることができます。今回は工芸館の展覧会では珍しく、ところどころ作品に解説文が添えられており、1番から20番まで番号が付されていますが、その1番目は夏雄の手板3種を硯屏のようにまとめた作品でした。彫金の技もさることながら、収めた黒柿の枠が良いものでした。鶉杢の黒柿は端然と仕上げられ、ダレたところのない指物の特徴を余すところなく表していました。木工家はこんなところに目が行きます。泰眞の屏風は初めて見ました。屏風の枠は島桑が使われやはり時代を感じます。この時代はやはり桑といえば島桑だったのです。

第2室はこの展覧会の眼玉である「鈴木長吉と十二の鷹」です。これまで何度か目にしていますが、今回本格的な修復が済み、長く失われていた「鉾垂れ」が復元されて初めてのお披露目です。言うまでもない傑作ですが、改めてその迫力に圧倒され思わず立ち止まってしまいます。

その後第3室では、その後のいうなれば伝統工芸の第一世代:松田権六や板谷波山の作品が展開されます。このあたりからはよく知る名前に気が付きます。

そして第4室。「技を護る・技を受け継ぐ」として今日の展開が紹介されています。私は展覧会のタイトルだけを見て「明治の名工」だけの展覧会かと思っていたのですが、それから始まる工芸の展開が紹介されるものでした。第4室は知った名前や現在も活躍中でお付き合いのある作家の作品も多く、明治から続く、いやもっと以前から続く工芸の最先端を見ることができます。この場合の工芸はあくまで正統的工芸のことです。

続きを読む 2 コメント

【展覧会】工芸・Kôgeiの創造-人間国宝展-/銀座・和光

 本日4月6日()からいよいよ銀座和光での「人間国宝展」が始まります。今回で3回目となりすっかり銀座の春の定番として定着したようです。お客様のご来場も多く、会期も4月22日()までと当初に比べ長くなりました。 

 


続きを読む 0 コメント

【雑誌掲載】Pen2月1日号/CCCメディアハウス

 雑誌『Pen』2月1日号No.444上で、小山薫堂氏からインタビューを受けています。短い記事ながら、私が常に考えているテーマについて的確な質問を受けました。ちなみに珍しいモノクロ写真は氏の撮影によるものです。歳相応の写りですね、ご一読ください。


 経歴の箇所で父の桑翠と外祖父である山口春哉についても触れて頂いています、詳しくは こちら をご覧ください。

0 コメント

[木工藝 須田賢司 RSS-Code] https://mokkougei.jimdo.com/rss/blog