須田の関わった研究・修復プロジェクト等の一部をご紹介致します。


平成24年度「東宮遺跡(2)―遺物編―八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書第38集」 ―財団法人群馬県埋蔵文化調査事業団 調査報告書第536集

 「東宮遺跡(2)―遺物編―八ッ場ダム建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書第38集」

―財団法人群馬県埋蔵文化調査事業団 調査報告書第536集 

 ●財団法人群馬県埋蔵文化調査事業団

http://www.gunmaibun.org/publications/houkoku/index.html

 ●NDL-OPAC

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I049961768-00


 「平成20年度 文化庁文化交流使(海外派遣型)」

  • 派遣国:ニュージーランド
  • 活動期間:2009年3月22日~5月4日

平成20年度の文化庁文化交流使としてニュージーランドへ派遣されました。 

●文化庁 平成20年度文化交流使

http://culturalenvoy.jp/envoys/envoy_kaigai/h2008.html


「平成19年度 木工芸・竹工芸を支える用具・原材料の現状調査報告書」

 [調査実施団体]日本文化財漆協会

 [調査協力団体]社団法人日本工芸会

 [調査委員長・編集委員長]須田賢司 以下担当箇所

  1-3 木工芸 鉋台入(新潟・三条)/ 1-10 天然合砥及び中砥について

  1-14 御蔵島産桑について / まとめ

 ●NDL-OPAC http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I027601108-00


 「東京藝術大学蔵 ピアノ修復」

 明治13年に文部省音楽取調掛の初代音楽教師として来日したルーサー・W.メーソン(Luther Whiting Mason)が来日時に持参したピアノ(米クナーベ社製)は、愛弟子に贈られ、後に東京藝術大学の所蔵となりました。この度その大規模な修理作業が行われましたが、外装修理を須田が担当しました。また修理を記念してのミニコンサートが以下行われました。

 ~明治の外国人教師メーソン持参のピアノによるミニ・コンサート ~
会期: 2002年1月17日(木)18:00  会場: 東京藝術大学大学美術館エントランスホール
協力:日本ピアノ調律師協会のピアノ修復プロジェクトチーム(代表宇都宮謙三氏)、美術学部鋳金研究室(燭台製作担当、原正樹教授監修)木工作家須田賢司(外装担当)

●東京藝術大学美術館 http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2001/mason/mason_ja.htm

●一般社団法人日本ピアノ調律師協会 http://www.jpta.org/musicfair2001/index6.html